2013年06月02日

ユーザーに優しい設計書を書く方法

只今、「大規模プロジェクトをまとめる方法」に続くレポート第2弾を作成してます。
今回のテーマは「ユーザーに優しい設計書を書く方法」です。多分タイトルだけではあまりピンとこないと思いますので、ざっと概要をご説明しますと、顧客(エンドユーザー)からシステム開発を依頼されてまず行うのは要件定義ですが、要件的は顧客の要望を聞くのが目的ですので、基本的に顧客⇒開発者の一方通行の資料になります。
そのあとに、外部設計(基本設計とも言う)を行うのですが、外部設計では要件定義をもとに、システム化する際に必要な機能、条件、制限事項等をまとめて顧客に定義して、顧客からそのフィートバックを受けてさらに修正していくという顧客と開発者が双方向でやり取りする資料になります。
今回のレポートのテーマにしている「ユーザーに優しい設計書を書く方法」では、この外部設計に重点を置いて書いています。
自分は、仕事で他人が書いた設計書を数多く見てきていますが、設計書というものはシステム開発をやっているプロが見ても基本的に分かりにくいものです。完全に理解するには2度3度と読み返して、大量の参照資料をあちこち見て回る必要があります。
これを顧客に渡して本当に理解できるのでしょうか?

答えは考えるまでもなく"NO"です。

設計書は分かりにくいものなのだから、顧客に理解してもらえなくてもいいと思っているかもしれませんが、それは間違いです。
ユーザーに優しい設計書を書くことで、より多くのフィードバックを受けることができて、誤解や間違いを減らし、顧客から高い満足度を得ることができます。
また、顧客に仕様を理解してもらうことで、システムの都合上どうしても発生しまう制限事項などもスムーズに了承してもらえるようになります。

自分は、このユーザーに優しい設計書を書くことをあまり意識していなかったために痛い目に合った経験があります。
それは、長い期間をかけて開発をしてきたシステムが、ユーザーテストの段階になって、大量の仕様の不具合を指摘され、結局外部設計からやり直し、顧客に多大な迷惑をかけてしまったということです。
実は、外部設計書は全て顧客とレビューして仕様の確認をしたはずなのですが、顧客に完全には理解してもらえていなくて、外部設計書を作り直して再度確認していくと誤解や間違いだらけででした。

その経験を踏まえ、ユーザーに優しい設計書を書く事の重要性と、どのように設計書を書けばユーザーに誤解なく理解してもらえるかを学びました。
早くレポートを仕上げてまずは自社向けに公開したいのですが、深夜まで残業して、休日出勤もしている中、業務時間外にコツコツと作っているのでそろそろ限界を感じています。
みんには、このレポートを役立てて自分のようなドジを踏まないようにしてほしいと願っています。



あと、最近ご無沙汰している「Master Document」ですが、こちらは一向に進んでいません。
設計から開発まで、一貫して管理できる総合パッケージツールとして現在誠意開発中でありますが、やりたいことが盛りだくさんで、なにから手を付けていいやら...
とりあえず今は、コアとなるドキュメント共有ツールを作成しています。このツールを使って各設計書間や、工程間のドキュメントを統合管理して常に最新のデータを参照できるようにします。
設計書は、仕様変更や、不具合などで、常に変化します。その変更を放置しておくとリカバリに多大な工数が必要になってしまいます。
そこで、このドキュメント共有ツールで常に同期をとって、変更をすぐに取り込めるようにするのが狙いです。
「Master Document」は、このような設計の支援ツールと、設計書のテンプレート、ならびに、プログラムの自動生成機能を掛け合わせた統合パッケージとして開発しています。
完成時期は多分5年後ぐらい...です。



とりあえず、ロゴだけは立派なものが出来ています。わーい(嬉しい顔)
posted by j.shiozaki at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マスタードキュメント

2013年05月26日

ホワイトボード恐怖症

この業界の職業病とでもいいますか、最近めっきり漢字が書けなくなってしまいました。毎日あんなに読んだり、パソコンで打ち込んだりしているのにどうして書けないんでしょうね?まったく不思議なもんです。
なんで、最近は会議でホワイトボード恐怖症になっています。ホワイトボードよりプロジェクターでPCを映してキーボードで打ち込むようにしています。
でも、プロジェクターがない会議室しか空いていない時もあるので、そんな時は、必至で資料を紙で印刷してホワイトボードを使わずに済むようにしているのですが、でもそんな努力むなしく結局ホワイトボードに手書きしなくてはいけないことがしばしばあります。
しぶしぶ、ホワイトボードに手書きするとすぐにボロがでてしまいますが、ただ、周りの人たちも結構病状が進行しているのでお互い様ということで結構大目に見てくれます。でも、会議が終わったら、平仮名だらけのホワイトボードをプリントアウトするので非常に恥ずかしいです。
そんな時はいつも字を書く練習をしようと思うのですが、日記を書いてもいつも三日坊主どころか二日と続いたためしがありません。
でも、最近日記以外にも毎日字を書く方法を思いつき、もう3ヶ月ほど続いています。それは仕事のアイデア帳です。通勤途中や、仕事中にふと思い浮かんだことをすぐにメモしておくのです。メモした内容を後で見返して仕事に役立てたり、字を書く練習にもなるので一石二鳥です。
あと、メモを取る時のコツというかやり方なんですが、メモを取る時に、分からなかった漢字はとりあえず平仮名で書いておいて、後で辞書で調べて漢字にします。そうすることで、仕事でよく使う漢字から身に付くので非常に有効です。



もう一つ、最近知って大変便利に使わせてもらっているものがあります。それは「フリクションボール」という PILOT が作っている消せるボールペンです。自分のようにすぐに文字を間違える人間にとっては必需品です。回りを見回すと使っている人が結構多いので PILOT さんはだいぶ儲けているのではないでしょうか。



アイデア帳を書いてみると毎日書くことがいろいろあって、きっと過去にもいいアイデアを思いついていてもう綺麗さっぱり忘れてしまっていることも結構あるんだろうなと思って、もっと早くからやっておけばよかったとちょっと後悔しました。
このアイデア帳は長続きしそうなので、ホワイトボード恐怖症を克服する日も近いと思います。
posted by j.shiozaki at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月19日

リモートアシスタンスを使う

昨日父親から私がネット通販で買って送った Office 2013 がインストールできないと電話がりました。
私の父親は地元のコミュニティで無償でExcelの講師をしており、最近受講生が持ち込むPCに Office 2013 がインストールされていて困っているそうです。
そこで、Office 2013 を勉強したいということなので、DSP 版のOffice2013 を買って送ってあげたのですが、どうやらインストールディスクは入ってなく、シリアル番号だけしかなかったようです。
そこでネットでいろいろ調べたら Office のインターネットサイトからオンラインでインストールしなければいけないらしく。インストールディスクがほしい場合は別途マイクロソフトから購入しなければいけないようです。
最近はプリインストールが一般的になってきたので、Office を単体でインストールすることはあまりなくなってきているとは思いますが、オンライン主体のこのやり方はどうなんでしょうね?
高いライセンス料を払って買っているのだからインストールディスクぐらい付けてくださいよ Microsoft さん。

そこで、父親と電話でいろいろやり取りしていたのですが、なかなかうまくいかないのでどうしたものかと思っていたところ、以前父親がプロバイダからリモートアシスタンスでいろいろ設定をしてもらったと言っていたので、自分もリモートアシスタンスで操作できない物かとちょっと調べてみました。

インターネット越しで遠隔操作するのだから、グローバルIPを取得して、DirectDNSを設定して、ファイアウォールを回避してと面倒くさいことをいろいろしなければいけないんだろうなと思っていたのですが、インターネットで調べてみると以外に簡単に接続できるらしく、これならばと思いさっそく手持ちのPCで試してみました。
環境は デスクトップPC[有線ネットワーク]⇔ノートPC[e-mobile] です。デスクトップPCの方は UPnP 対応のルータを経由しています。

詳しいやり方はインターネットに沢山載っているので割愛しますが。
基本は、リモートアシスタンスでヘルパーを招待して、


接続情報の入った招待状をメールで送信するだけです。


招待状を受け取った側は、招待状のファイルをダブルクリックしてリモートアシスタンスを起動して、パスワードを入力して接続完了です。


接続の仕方は分かったのですが、後は父親から自分宛てに招待状をメールできるかですね?
一度プロバイダとやっているそうだからうまく行くことを願っています。この機能は便利そうなのでうまく行ったらこれからもちょくちょく使わせてもらおうと思います。

posted by j.shiozaki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月21日

大規模プロジェクトをまとめる方法

今、仕事で200人を超える開発者が集まって大規模なシステム開発を行っています。規模が大きいとちょっとしたことでも大きな問題になりなかなか作業がはかどりません。
今までこんな大きなプロジェクトのかかわったことがなかったのでいい経験になります。
そこで、今後のために大規模プロジェクトにおける問題点と対策についてレポートをまとめることにしました。書きたいネタが沢山ありすぎてまとめるのにちょっと苦労しています。
あと、現在取り組んでいる MasterDocument とも深く関係しているので完成したら MastarDocument とからめてホームページにアップするつもりです。



大規模プロジェクトにおいて自分がウィークポイントと考える「統一化」「オフショア開発」「テスト」「タスク管理」の4つの観点を中心にまとめています。


統一化を考える上で必要な要素をまとめた図です。小規模な開発では設計書だけで閉じれることも大規模になると設計者がたくさんいるのでさまざまな連携が必要になります。


今月中に完成させたいと思っていますが、仕事も忙しいので大変です。
posted by j.shiozaki at 11:17| Comment(1) | TrackBack(0) | マスタードキュメント

2013年04月07日

ヨドバシ.com でテレビを買いました。

今朝部屋の掃除をしていたら、誤ってテレビに目覚まし時計をぶつけてしまいました。そして気づいたらなっなんと液晶画面がバリバリに...がく〜(落胆した顔)

今のように価格が暴落する前に大枚をはたいて買った液晶テレビが見るも無残な姿になってしまいました。
でも決して目覚まし時計を投げつけたわけではなく、いつもテレビの前においてある目覚まし時計を持ち上げておっとっととコツン!てな具合でほんとに軽くぶつけただけなのですが、当たり所が悪かったのか見事に液晶が割れてしまいました。

まーやってしまったことをいつまでも悔やんでもしかたないので、ここは気持ちを入れ替えて新しいテレビを買うしかないのですが、
でも今夜はWTCCとインディカーレースがあって、すぐに新しいテレビがほしかったので朝一番に近所の電気屋さんに行きました。そこてとりあえず手頃な液晶テレビを見つけて店員に今日中に配達をお願いしますと頼んだら、テレビだけなら宅配便で今日に送れるんだけどね、引き取りがると業者に依頼しないといけないので無理だといわれ、それなら帰ってネットでじっくり選んで買おうと思い近所の電気屋さんを後にしました。

そこで家に帰ってネットで液晶テレビを物色していたら、ヨドバシ.com で「後1時間30分以内に注文を確定すれば本日中に配達します。」と商品の値段の下に赤文字で表示されていておぉ〜これはもしや...と思い。さっそく注文してヨドバシから電話がかかってくるのを待ちました。

ネットで注文して15分、ヨドバシカメラから電話が配達の確認の電話がかかってきました。
そこでオペレータの人が一言
「4月8日月曜日の配達が可能ですがいかがいたしますが?」
自分はてっきりネットで本日配達しますとあったのですぐに配達してもらえると思っていたのでちょっと高いのは目をつぶっていたのにこれはいかんぞ〜!と思いちょっと焦って
「ネットで1時間30分内に注文確定すれば本日中とあったのですが、今日はむりですか?」
とオペレーターに聞いたら、
「少々お待ちくださいと」
と30秒ほど待たされて
「本日の18:00〜22:00までの間でしたら可能です。」
との返事が返ってきました。とりあえず本日中には届きそうなのでホッとしてそれでお願いしますとオペレーターのお姉さんにお願いしました。
でも最遅で22:00とは、私の不注意でヨドバシの配送業者さんに夜遅くに配達してもらうことになって本当に申し訳ございません。

でも、今回の件でヨドバシ.com の対応の素晴らしさには感心しました。ネットで注文して配達の手続きが完了するまで30分もかかりませんでした。しかも即配ですからまた機会があったらヨドバシ.com で買い物をしようと思います。

posted by j.shiozaki at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月24日

アマゾンでHDD購入

先日NASを購入したばかりですが、NASを購入する際にHDDを値段を調べていたら3Tが1万円にまで値下がりしていたのでついでに買ってしまいました。
購入元はパソコンショップではなくAmazon.co.jpです。Amazon.co.jpといえば書籍販売が有名ですが、今ではパソコンパーツも販売しています。種類は少ないですが、値段は有名パソコンショップの通販と大差ありません。
送られてきたHDDは段ボールでしっかり梱包されていてとても安心感がありました。Amazon.co.jpを侮るなかれです。


購入したHDDは [Weston Digital 3.0TB 64MBキャッシュ 3.5inch IntelliPower WD30EZRX-1TBP/N ]です。
性能は今まで使っていた[Hitachi Deskstar 1TB]の10%増しといったところです。

はっきりいって3TBの容量の5%程度しか使わないのに...完全に自己満足の世界ですねこりゃわーい(嬉しい顔)
posted by j.shiozaki at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2013年03月09日

LS-WV6.0TL/R1J を買いました

本日ネットで注文したバッファローのNAS LinkStation LS-WV6.0TL/R1J が届きました。価格は4,2000円です。3TのHDDが1万円で買えるのを考えれば 3T×2 構成の本製品はちょっと割高な感じはしますがメーカー品ということで納得しています。
以前使っていたのもバッファロー製の LinkStation で一世代前の LS-WX2.0TL/R1J でした。買った当時はRAID1構成で1Tもの容量はそうそう使い切らないだろうと思っていましたが、容量が多くて便利なもんで動画やらなんやらをたくさん放り込んでしまいいつのまにかいっぱいになってしまいました。
新しいNASは以前に比べて容量は3倍になりましたがこの調子だとまたすぐにいっぱいになりそうです。

購入元は値段の一番安かったバッファローダイレクトです。外装にキズがあるものや長期在庫品を安く販売するスペシャルアウトレット品ですが外装にはキズ一つなかったのでおそらく長期在庫品だと思われます。アウトレット品でも保証も新品と変わらないそうなのでかなりお買い得なのではないでしょうか?


中身はこんな感じです。電源はACアダプタですが、その方が交換ができるので私はいいと思いました。
付属のCD-ROMに LinkNavigatorや設定ツール等が入っています。ただ付属のCD-ROMのソフトウェアは製造当時のものなのでバージョンが古い場合があるので私はいつも必要なソフトウェアはメーカーサイトから最新版をダウンロードして使うようにしています。


フロントパネルを外すと、HDDにアクセスできます。工具なしで簡単にHDDを取り出すことができます。


HDDは Seagate Barracuda ST3000DM001 でスペックは 7200rpm 64MBキャッシュ 1フラップタあたり1T でした。ネットで調べてみると1万円前後で販売されている製品みたいです。
HDDは製造時期によっても変わると思いますが良いHDDだと思います。


これからNASを設定してデータをせっせと移動しようと思います。
posted by j.shiozaki at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月14日

QH77/J 故障

年が明けた3日目、いつものようにタブレットでネット見ていたらいきなり無線LANの接続が切れてネットが見れなくなりました。そこで無線LANのON/OFFを繰り返して再接続を試みましたがうまくいかず、タブレットを再起動するとまたつながるようになりました。
その時はちょっとノイズでも入ったのかなって程度であまり気にしていませんでしたが、その10分後今度は画面がブラックアウトして電源すら入らなくなりました。電源を長押ししてリセットしても改善せずBIOSの起動画面すら表示されないので完全にお手上げ状態でした。

翌日、田舎から帰ってきた私は、QH77/J の保証書を引っ張り出してきて内容を確認しました。
保証書をよく確認すると私が購入したタブレットは カタログモデルの QH77/J ではなくて、カスタムモデルの WQ2/J であることに気づきましたが、それはどうでもよくて、そこに故障や修理のお問い合わせ先が記載されていたので早速電話しました。そこでいろいろツッコミを入れたいくなる事柄があったのでまとめてみました。

1.携帯からフリーダイヤルが使えない。
⇒携帯電話からはフリーでない別の番号にかけなければいけない。自分は固定電話を引いていないので、携帯電話で電話したのだけれどもたっぷり待たされて30分も電話代を払わされた。ちょっとは気を使ってかけ直してくれるなどの配慮をすべきだと思う。ちょっとセコイぞ!

2.パソコンのパスワードを聞かれた。
⇒修理の依頼をする際に、動作確認のためにパスワードを教えてくれと聞かれてちょっとギョとした。パスワードというものは自分だけが知っているからこそ保護効果があるわけで、それは他人に気軽に教えられるような代物ではないしょう! アホか!
普通は指示したパスワードに変えておいてくださいや、個人データが含まれている場合もあるのでHDDを初期化しておいて下さいとお願いすべきだと思う。自分はパスワードは忘れたといってHDDを初期化してくださいとお願いしました。本当は自分で初期化しておきたかったのですが、BIOSすら起動しない状態では無理だったので...

3.集荷がスムーズだった。
⇒これは良いと思った点ですが、パソコンを箱づめしなくても集荷の運ちゃんに裸で渡すだけで済みました。これは手間がなくて便利でした。

修理にだして1週間で戻ってきました。保障が聞いたので修理代はかかりませんでした。
富士通 WEB MART から帰ってきた報告内容は以下の通りです。

<修理ご依頼内容>
1)電源投入不可
2)無線でネット接続不可

<診断内容>
ご報告の1)現象については、メインボード故障により発生している事を確認しました。
2)現象はパスワードが設定されているため確認できませんでした。

ここで一言、無線LANの確認ができないのはBIOSすら起動しないからでしょうが!パスワードがどうして関係ある?

<修理処理内容>
この度は機器故障によりご迷惑をお掛けしまして申し訳ございませんでした。診断の結果、ご報告の1)現象はメインボード故障を確認いたしましたので、同部品と交換を実施いたしました。2)現象はお客様ハードディスクにてWindowsの再インストールを実施し、動作確認をいたしましたところ正常にワイヤレスLANを使用してインターネットが出来る事を確認いたしました。


まー大量生産品なので、不良が発生したこと自体はそんなに気にしていないのですが、もっとしっかり作ってくれ富士通と言いたいです。
しかも、帰ってきたタブレットを見るとディスプレイに油脂がたっぷりついていてギトギト状態でした。客の持ち物なんだから送り返す前にクリーニングぐらいしろ!



今日は初期化されたタブレットの設定をコツコツやっていますが、無線LANの接続が安定しないのでまた修理に出すかもしれません。今回ははずれを引いたかもしれないです…

posted by j.shiozaki at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン

2013年01月04日

ボーイング787に乗りました。

お正月休みも終わり本日東京に帰ってまいりました。また終電帰りの毎日が始まるのかと思うと気が重くなりますが、田舎に帰ってリフレッシュできたことだし、また明日から仕事を頑張ろう...
そんなブルーな気持ちになった私ですが、帰りの飛行機にはちょっとした楽しみがありました。
それは帰りの飛行機がボーイングの最新型機787だということです。チケットを購入した時から分かっていたのですが、帰りの航空機がボーイング787だということで新しいものが大好きは私にとってはドキドキものでした。しかも運よくプレミアムクラスが取れたので帰りは広々としたシートでゆったりできました。



ボーイング787だからといっても特別なことは何もないのですが、最新型機に乗れていい思い出になりました。
posted by j.shiozaki at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月16日

キーボードが使いにくい

富士通の Windows 8 タブレット QH77/J を購入してからそろそろ1ヵ月が経ちます。このタブレットにはオプションでキーボードの付いたドッキングステーションが用意されていたので、普段ノートパソコンとして使用するには便利だと思い一緒に購入しましたが、そのキーボードがどうにも使いにくくてしょうがありません。
まず使いにくいと思うのは、ドッキングステーション幅に対してキーボードの面積が小さいことです。キーボードの左右には4pも余白があってその分キーボードの面積が狭なってしまっています。
あと、右側の Shift キーの位置です。QH77/J のキーボードはなぜかカーソルキーを無理やり押し込んで Shift キーの側に「↑」が配置されています。ほかの大多数のノートパソコンのキーボードではカーソルキーを下にずらしていますが、製造工程とか、コストの問題、もしくは設計ミスできちんと強度が出なかったからとかの理由でこんな使いにくい配置になってしまったのだと思います。その証拠にドッキングステーションのくぼみには右下にテンキー用のスペースがしっかりとあります。これは明らかに設計時にはテンキーを下にずらす気だったけど、その後ドタンバでいろいろあってつじつま合わせをしたって感じですよね?せっかくドッキングステーションという割り切った手法をとっているのですから、ドッキングステーションのキーボードはもっと使いやすさを重視してもよかったのではないかと思います。
自分も含めて2wayタイプを買う人は、外ではタブレットとして使って、自宅では書き作業をドッキングステーションのキーボードで行うといった使い方が多いのでないかと思いますので、そうゆう意味で今後ドッキングステーションのキーボードの改良をお願いしたいです。


ちょっと悪い点ばかり書いてしまったので、次は気に入った点を書きます。
それはドッキングステーションに付いているサブバッテリーです。タブレット本体のバッテリーではもって2時間程度なのですが、ドッキングステーションに接続すると5時間は使えるようになります。しかもドッキングステーションからタブレットに自動で充電されるので、タブレットのバッテリーを使い切った後にどキングステーションに30分つないで充電してまたタブレットとして使うといった事が可能です。
サブバッテリーがついている分ドッキングステーションの値段が高くなってしまっているので、サブバッテリーを廃止して廉価版を出してもいい気もしますが、これはこれでかなり便利です。


posted by j.shiozaki at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン