2017年04月01日

WebStorm はじめました

最近 AngularJS やら NodeJS やらとなにかと JavaScript を触る機会が多いのですが、なかなか使い勝手のよいエディタがなく難儀していたところ、WebStorm がかなり使えるということなので早速使ってみることにしました。

NodeJS、Angular-cli、WebStorm をインストールして、さっそく新規プロジェクト作成を行ったところ、しょっぱなから怪しい雰囲気が・・・

参考書にはパスを指定しろとは書いてないのに、Angular-cli のパスが設定されていませんでした。
長い経験から参考書と違う動きをしている時はうまくいかないことが多いので心配です。

とりあえず Angular-cli のパスを設定してそのまま「Create」を実行しました。

新規のプロジェクトは作成されましたがなんか様子が変です???
どうやらプロジェクトが空っぽなようです。

よく見てみるとコンソールに「Directory '.' already exixts.」と表示されていました。
ん〜…
コンソールの内容から察するに、
@.WebStorm がプロジェクトフォルダを作成
A.WebStorm がプロジェクト構成情報を作成したフォルダに格納
B.カレントパスをプロジェクトフォルダに移動
C.Angular-cli の new コマンドでプロジェクトを作成
 ⇒ここで怒られている!

実は原因の察しはついています。参考書には Angular-cli の 1.0.0-beta.17 をインストールしろと指示されていたのに、1.0.0-beta-28.3 を入れてしまっているからです。
どうせやるなら最新版でやりたいので、NodeJS も Angular-cli も最新版にしてしまいました。

だからと言って、古いバージョンに戻すのも嫌なので、ちょっとやり方を工夫してみました。

まず始めに、WebStorm で作成されたプロジェクトをリネームします。


コマンドプロンプトを表示して new コマンドでプロジェクトを作成します。
元のプロジェクトフォルダはリネームしてあるので、これでエラーは発生しないはずです。


プロジェクトが作成されたら、WebStorm のプロジェクトの構成情報を移動して完了です。


WebStorm を起動するときちんとプロジェクトが読込まれました。


ng serve で起動して


無事表示できました。


Angular-cli は絶賛開発中なので、こんな不具合が発生してしまうんだろうと思います。
そのうち WebStorm もアップデートされると思いますが、WebStorm を使ってバリバリ開発しようと思っていたのに、出鼻をくじかれてしまう形になりました。
posted by j.shiozaki at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179272561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック