2013年05月19日

リモートアシスタンスを使う

昨日父親から私がネット通販で買って送った Office 2013 がインストールできないと電話がりました。
私の父親は地元のコミュニティで無償でExcelの講師をしており、最近受講生が持ち込むPCに Office 2013 がインストールされていて困っているそうです。
そこで、Office 2013 を勉強したいということなので、DSP 版のOffice2013 を買って送ってあげたのですが、どうやらインストールディスクは入ってなく、シリアル番号だけしかなかったようです。
そこでネットでいろいろ調べたら Office のインターネットサイトからオンラインでインストールしなければいけないらしく。インストールディスクがほしい場合は別途マイクロソフトから購入しなければいけないようです。
最近はプリインストールが一般的になってきたので、Office を単体でインストールすることはあまりなくなってきているとは思いますが、オンライン主体のこのやり方はどうなんでしょうね?
高いライセンス料を払って買っているのだからインストールディスクぐらい付けてくださいよ Microsoft さん。

そこで、父親と電話でいろいろやり取りしていたのですが、なかなかうまくいかないのでどうしたものかと思っていたところ、以前父親がプロバイダからリモートアシスタンスでいろいろ設定をしてもらったと言っていたので、自分もリモートアシスタンスで操作できない物かとちょっと調べてみました。

インターネット越しで遠隔操作するのだから、グローバルIPを取得して、DirectDNSを設定して、ファイアウォールを回避してと面倒くさいことをいろいろしなければいけないんだろうなと思っていたのですが、インターネットで調べてみると以外に簡単に接続できるらしく、これならばと思いさっそく手持ちのPCで試してみました。
環境は デスクトップPC[有線ネットワーク]⇔ノートPC[e-mobile] です。デスクトップPCの方は UPnP 対応のルータを経由しています。

詳しいやり方はインターネットに沢山載っているので割愛しますが。
基本は、リモートアシスタンスでヘルパーを招待して、


接続情報の入った招待状をメールで送信するだけです。


招待状を受け取った側は、招待状のファイルをダブルクリックしてリモートアシスタンスを起動して、パスワードを入力して接続完了です。


接続の仕方は分かったのですが、後は父親から自分宛てに招待状をメールできるかですね?
一度プロバイダとやっているそうだからうまく行くことを願っています。この機能は便利そうなのでうまく行ったらこれからもちょくちょく使わせてもらおうと思います。

posted by j.shiozaki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月26日

ホワイトボード恐怖症

この業界の職業病とでもいいますか、最近めっきり漢字が書けなくなってしまいました。毎日あんなに読んだり、パソコンで打ち込んだりしているのにどうして書けないんでしょうね?まったく不思議なもんです。
なんで、最近は会議でホワイトボード恐怖症になっています。ホワイトボードよりプロジェクターでPCを映してキーボードで打ち込むようにしています。
でも、プロジェクターがない会議室しか空いていない時もあるので、そんな時は、必至で資料を紙で印刷してホワイトボードを使わずに済むようにしているのですが、でもそんな努力むなしく結局ホワイトボードに手書きしなくてはいけないことがしばしばあります。
しぶしぶ、ホワイトボードに手書きするとすぐにボロがでてしまいますが、ただ、周りの人たちも結構病状が進行しているのでお互い様ということで結構大目に見てくれます。でも、会議が終わったら、平仮名だらけのホワイトボードをプリントアウトするので非常に恥ずかしいです。
そんな時はいつも字を書く練習をしようと思うのですが、日記を書いてもいつも三日坊主どころか二日と続いたためしがありません。
でも、最近日記以外にも毎日字を書く方法を思いつき、もう3ヶ月ほど続いています。それは仕事のアイデア帳です。通勤途中や、仕事中にふと思い浮かんだことをすぐにメモしておくのです。メモした内容を後で見返して仕事に役立てたり、字を書く練習にもなるので一石二鳥です。
あと、メモを取る時のコツというかやり方なんですが、メモを取る時に、分からなかった漢字はとりあえず平仮名で書いておいて、後で辞書で調べて漢字にします。そうすることで、仕事でよく使う漢字から身に付くので非常に有効です。



もう一つ、最近知って大変便利に使わせてもらっているものがあります。それは「フリクションボール」という PILOT が作っている消せるボールペンです。自分のようにすぐに文字を間違える人間にとっては必需品です。回りを見回すと使っている人が結構多いので PILOT さんはだいぶ儲けているのではないでしょうか。



アイデア帳を書いてみると毎日書くことがいろいろあって、きっと過去にもいいアイデアを思いついていてもう綺麗さっぱり忘れてしまっていることも結構あるんだろうなと思って、もっと早くからやっておけばよかったとちょっと後悔しました。
このアイデア帳は長続きしそうなので、ホワイトボード恐怖症を克服する日も近いと思います。
posted by j.shiozaki at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記