2012年12月09日

Android 2.3 ⇒ 4.0 にアップデート

自分が今使っている TOSHIBA のダメダメ携帯 T-01D の Android 2.3.5 ⇒ 4.0.3 へのアップデートが公開されていたのでアップデートしました。
本体を交換したにも関わらず、充電中にシャットダウンする問題は治っておらず。ダメ元で 4.0.3 にアップデートしてみることにしました。
高いお金を出して買ったスマートフォンなので1年も使わずに交換することは経済的な余裕がない私のような貧乏人な無理な話で、とんでもない不良品のスマートフォンでも我慢して使い続けなければなりません...もうやだ〜(悲しい顔)
次買うときは絶対 TOSHIBA はやめます。ノートパソコンもこの前 TOSHIBA から FUJITSU に変えました。
ノートパソコンもBIOS更新で治った気がするけど、1日に1回はCPUファンが全開で回り続けてしまうようなヘンテコな障害もあったし、TOSHIBAの製品はなんとなく熱関係の設計の見積もりが甘いのかなって気がします。

次買うスマートフォンは事前によく調べて買うことにします。


posted by j.shiozaki at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン

2012年12月16日

キーボードが使いにくい

富士通の Windows 8 タブレット QH77/J を購入してからそろそろ1ヵ月が経ちます。このタブレットにはオプションでキーボードの付いたドッキングステーションが用意されていたので、普段ノートパソコンとして使用するには便利だと思い一緒に購入しましたが、そのキーボードがどうにも使いにくくてしょうがありません。
まず使いにくいと思うのは、ドッキングステーション幅に対してキーボードの面積が小さいことです。キーボードの左右には4pも余白があってその分キーボードの面積が狭なってしまっています。
あと、右側の Shift キーの位置です。QH77/J のキーボードはなぜかカーソルキーを無理やり押し込んで Shift キーの側に「↑」が配置されています。ほかの大多数のノートパソコンのキーボードではカーソルキーを下にずらしていますが、製造工程とか、コストの問題、もしくは設計ミスできちんと強度が出なかったからとかの理由でこんな使いにくい配置になってしまったのだと思います。その証拠にドッキングステーションのくぼみには右下にテンキー用のスペースがしっかりとあります。これは明らかに設計時にはテンキーを下にずらす気だったけど、その後ドタンバでいろいろあってつじつま合わせをしたって感じですよね?せっかくドッキングステーションという割り切った手法をとっているのですから、ドッキングステーションのキーボードはもっと使いやすさを重視してもよかったのではないかと思います。
自分も含めて2wayタイプを買う人は、外ではタブレットとして使って、自宅では書き作業をドッキングステーションのキーボードで行うといった使い方が多いのでないかと思いますので、そうゆう意味で今後ドッキングステーションのキーボードの改良をお願いしたいです。


ちょっと悪い点ばかり書いてしまったので、次は気に入った点を書きます。
それはドッキングステーションに付いているサブバッテリーです。タブレット本体のバッテリーではもって2時間程度なのですが、ドッキングステーションに接続すると5時間は使えるようになります。しかもドッキングステーションからタブレットに自動で充電されるので、タブレットのバッテリーを使い切った後にどキングステーションに30分つないで充電してまたタブレットとして使うといった事が可能です。
サブバッテリーがついている分ドッキングステーションの値段が高くなってしまっているので、サブバッテリーを廃止して廉価版を出してもいい気もしますが、これはこれでかなり便利です。


posted by j.shiozaki at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン